就職、転職をするにあたって

20代前半の就職や転職になればまだまだ可能性があります。しかし20代後半からはなかなか厳しいものがあると思います。
20代後半からの就職、転職についてのデメリットを挙げていきたいと思います。まずはなんと言っても体や能がついていけなくなって来るのが一番だと思います。20代前半ですとまだ体力もあり、物覚えもどんどん頭に入ってくるとおもいます。ですが20代後半になってくると体力面も能も衰え始めてくると思いますので、なかなか大変だと思います。
そしてやはり就職先や転職先にはやはり自分より年下の人材がたくさん増えてくることです。その年下の先輩から文句を言われるかもしれませんし、命令されるかもしれないのです。そこらへんでプライドが高い人はもしかしたら辛いのかもしれません。
しかも学校卒業して入った人とくらべ給料も全然減ってきますよね。理想はやはり卒業してすぐ入り、昇給して行き定年前までになれば1ヶ月何十万と変わるでしょうし、年間ですと何百万単位で変わってきます。このような事を踏まえた上で転職などは考えるべきです。
実際に求人情報を見ますと、何年か前までは就職難ではありましたが、ここ数年で会社が人を選ぶ時代から人が会社を選ぶ時代にと変わってきているので、その辺はすごく良くなってきていると思います。
ですがやはり若年層の募集が目立つ気がします。もし転職を考えているのであれば今の自分の年齢、体力などをしっかりと見極めてから行動するべきです。

私も実際にすごく転職をしてきました、なにに対しても長続きしなく、この仕事は大変だ、もっと良い所があるなど思い転職を繰り返しました。しかし、どこの会社に行っても大変なのは変わらず、なおさら前の仕事より大変になったとも思う事が多々ありました。そしてこれ以上に大変だったのが人間関係です。初めのうちはこの仕事なら続けられそうだと思う仕事もいくつかありました。しかしそのような仕事に限って人間関係がうまくいかなかったのです。私はそのとき結局は仕事がどうのこうのよりも人間関係がうまく作れるかどうかだと思いました。
これから就職や転職をするなかで、大切な事はもちろんありますが、人を見る力はとても重要になってくると思います。

産業医への転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です