転職の決断は遅すぎることはない

仕事をしていても、やむおえない事情で転職をしなければいけないことがあります。
私の場合は転勤や異動がきっかけで転職したことが何度かあります。

転勤は自宅から通える範囲でない場合は引越しをしなければなりません。
しかし、家庭の事情などで引越しができない場合もあります。

私は突如、遠方への部署に転勤の内示があったことがあります。
今までの慣習だと女性は地元採用なので、転勤はないと聞かされてきました。

しかし私の場合は例外だったようで、人材の穴埋めに私に白羽の矢が立ってしまったようです。
その時は転勤も少し頭をよぎったのですが、最終的には退職をするという結論に至りました。

異動の場合も自分ができない職種への転換になることもあります。
同じ会社に居続ける為には同じ職種ではない、全く違う職種への異動も十分に考えられます。

入社した時は自分の希望の仕事に就けたとしても、それが長く続くとは限りません。
それができなくなった時、私は転職という選択をしました。

同じ会社にずっと雇用され続けるのを選択するのか、もしくは自分のやりたい仕事を選択するのかによって、働き方は大きく変わっていきます。
自分のやりたい仕事ができる環境を選んでいくためには、転職もやむおえない選択なのだと思います。

転職の選択は難しいですが、決して早まった決断はしない方が良いと思います。
物事は遅すぎることはないと思うので、じっくり考えて最終的な決断をしてから動いても十分に間に合うからです。

また、今やっている仕事が一見、無駄のように見えても、今後の職業人生の中でそれが活かされると気がやってきます。
その為、現在、縁のある仕事には真摯に向き合ってやっていくのが良いと思います。

あの時、もっとちゃんとやっておけば良かったという後悔がないようにしたいものです。
仕事はアルバイトも含めて全て繋がっていますし、いろいろな経験があるからこそ、より幅の広い仕事をしていけるのだと思います。

転職先を決めるのも大変ですが、条件だけに惑わされて失敗しないように、じっくりと見極めて決めて行きたいものです。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です